観光情報

  • カテゴリ:日本遺産
  • この情報をシェアする

淡路人形浄瑠璃

淡路人形浄瑠璃

「国生み神話」ゆかりの「えびす舞」を起源とする淡路島を代表する伝統芸能であり、国の重要無形民俗文化財にも指定されています。江戸時代に徳島藩主の蜂須賀氏の保護もあって大いに繁栄し、18世紀の始め頃には淡路島に40 以上の人形座がありました。淡路島のみならず日本全国を巡業し、各地に人形芝居を伝えましたが、その後次第に数は減少しました。

国の重要無形民俗文化財に指定されています。

現在は、淡路人形浄瑠璃資料館にて資料の展示が行われているほか、淡路人形座では実際に演目が上演されています。

備考

マップ

地図内「+」「-」の目盛りで拡大・縮小が可能です。

ページトップへ