観光情報

  • カテゴリ:日本遺産
  • この情報をシェアする

下内膳遺跡

下内膳遺跡

淡路島中央部に位置する弥生時代の拠点集落です。河内(現在の大阪府東部周辺)や和泉(現在の大阪府南部)、紀伊(現在の和歌山県と三重県南部)といった他の地域に特徴な模様をもつ土器が出土しており、他地域との交流が深かったのではないかと考えられています。このことから、大阪湾を介して交流する海人の活動を想像することができます。

洲本市立淡路文化史料館にて、出土した土器が展示されています。

住所 〒656-0024 兵庫県洲本市山手1-1-27
TEL 0799-24-3331
FAX 0799-24-3341
ホームページ http://www1.sumoto.gr.jp/siryokan/
備考

開館時間: 9:00~17:00

休館日: 月曜日と祝日の翌日、年末年始
 ※ 金曜又は土曜が祝日のときは、月・火が休館  
 ※ 月曜日が振替休日のときは、火・水が休館 

 

入館料:  大人400円 高校・大学250円 小・中学生100円
 ※ 幼児・障害者は入館料無料
 ※ 特別展のときは別に入館料を定めることがあります。
 ※ 20名以上で団体割引あり

駐車場:  無料30台 (大型バス可)

マップ

地図内「+」「-」の目盛りで拡大・縮小が可能です。

ページトップへ