観光情報

  • カテゴリ:日本遺産
  • この情報をシェアする

沼島

沼島

勾玉の形をした国生み神話ゆかりの島

沼島 ( ぬしま ) は南あわじ市灘の沖4.6 キロに位置する離島で、 灘 ( なだ ) の 土生港 ( はぶこう ) からの沼島汽船によって結ばれています。はるか昔、神々がつくり出した最初の島「おのころ島」だという伝説が残っています。沼島の「沼」は「国生み神話」の「沼矛」に由来するという説もあります。

今もなお自然のままの姿を残し、知られざる海の楽園として、訪れる人を魅了しています。東南海岸には見る人を驚かせる岩が多く、「国生み神話」の「天の沼矛」や「天の御柱」のモデルともいわれている「上立神岩」をはじめ、「屏風岩」「あみだバエ」などの勇壮な奇岩が点在しています。海域では伝説の魚-沼島女郎-が釣れるかも?

古代の海人族 ( あまぞく ) が本拠地にした島であると伝えられ、戦国時代には沼島水軍が名を馳せました。現在、島民の大部分が漁業に従事しており、年間を通じて沼島漁港に揚がる魚介類の評判は高く、夏場のハモは特に有名です。

歴史/文化

国生み伝説ゆかりの上立神岩やおのころ神社、漁船のためのかがり火を焚いたという山の大神(火立山)、航海の安全を祈願する沼島八幡神社など、 沼島ならではの歴史と信仰を今に伝えています。島内には県下最古の日本庭園である沼島庭園 や、梶原景時の墓と伝えられる五輪塔が立つ神宮寺、沼島城主代々の居城跡、武嶋城跡の碑を残す蓮光寺など史跡も多くあります。

1億年前の地球のしわ

1億年前に出来た地球の「しわ」とされる鞘型褶曲(さやがたしゅうきょく)は、平成6年に発見された珍しい岩石です。引き潮の時にしか見ることができないこの奇岩は、同心同の鞘型の褶曲構造となっており、地殻内部の動きが分かる貴重な資料となっています。この沼島の岩石以外ではフランスで1ケ所発見されているだけです。

ボランティアガイドによる沼島散策

【コース概要】:神宮寺・八幡神社・五輪塔・沼島庭園・上立神岩展望地※ 神宮寺では住職が在中の場合はお話しを聞く事ができます。

【所要時間】:約2時間程度

【ボランティアガイド連絡先】:ぬぼこの会 0799-57-0022

【ガイド料】お気持ちを頂戴した場合は運営費にあてさせていただきます

沼島ボランティアガイドについて

沼島周遊船「おのころクルーズ」

観光としてのおすすめは、国生み神話を辿りながら沼島の岩礁を周遊船で一周する”島めぐり”。釣り人たちの磯渡しや釣り船としても利用されます。

【コース概要】:鞘型褶曲(地球のしわ)・上立神岩・下立神岩・平バエ・穴口など

【所要時間】:約1時間程度

【沼島海上観光の問合せ先】:沼島総合観光案内所 吉甚 0799-57-0777

あわじ花へんろ第52番札所(1月~2月:スイセン、4月:サクラ)

沼島の特徴である緑色片岩を利用した沼島庭園や、上立神岩に代表される勇壮な奇岩のほか、島全体に美しい自然が残っており、桜や水仙など四季折々の花木を見ることができます。

 

「国生み神話 時空の旅」 へGO!

住所 〒656-0961 兵庫県南あわじ市沼島
TEL 0799-57-0777
ホームページ http://nushima-yoshijin.jp/
備考

 

問い合わせ先 :  

沼島総合観光案内所  「吉甚」 http://nushima-yoshijin.jp/

TEL / FAX  : 0799-57-0777

沼島汽船 http://www.city.minamiawaji.hyogo.jp/soshiki/toshi/nusima1.html

TEL:0799-56-0644(土生待合所)

マップ

地図内「+」「-」の目盛りで拡大・縮小が可能です。

ページトップへ