観光情報

  • カテゴリ:日本遺産
  • この情報をシェアする

御井の清水

御井の清水

『古事記』の中で「天皇の飲料水として、淡路島の寒泉から朝夕に船で港に運んだ」と記されており、その水を汲んだ場所だと伝えられており、現在でも清水が湧き出ています。大阪湾を渡って水を運ぶ海人の姿を想像させると共に、王権との関わりの深さも伝えられます。竹林に囲まれた水汲み小屋は静寂に包まれており、ただ流水の音だけが響いています。清水は非常に冷たく、旅人の乾いた喉を潤し、古代の名水を現在も味わえるという事実が、不思議な感動を与えてくれます。

 

「国生み神話 時空の旅」 へGO!

 

 

住所 〒656-2212 兵庫県淡路市佐野小井
備考

マップ

地図内「+」「-」の目盛りで拡大・縮小が可能です。

ページトップへ