観光情報

  • カテゴリ:日本遺産
  • この情報をシェアする

大和大国魂神社/二宮神社

大和大国魂神社/二宮神社

古くは淡路国の二宮と呼ばれ、平安時代に書かれた『延喜式』の中で当時の全国の神社の一覧である神名帳にも記載されています。また、『日本書紀』に登場する「御原の海人」を統率したと想定される大和氏ゆかりの神社とも伝えられています。大和国(現在の奈良県)の大和坐大国魂(やまとにいますおおくにたま)神社を大和朝廷の淡路進出に伴い分祀したといわれています。

境内から出土した「大和社印」は兵庫県の重要文化財に指定されています。境内入口に新しい鳥居が立ち、広く長い境内の奥に、社殿があります。古代の社殿は、西向きで瀬戸内海に向っていましたが、海上を通る船人が礼拝をせず祟りをなしたので、南向きに変更されたそうです。現在は南南西向きです。

 

御祭神:大和大圀魂命

配祀:八千戈命 御年命 素盞嗚尊 大己貴命 土御祖神

 

住所 〒656-0422 兵庫県南あわじ市榎列上幡多857
TEL 0799-52-2336
備考

 

問合せ先:南あわじ観光案内所

マップ

地図内「+」「-」の目盛りで拡大・縮小が可能です。

ページトップへ