入選されたお料理をご紹介します!

■最優秀賞 淡路の幸の宝楽焼きパスタ

■優秀賞 宝楽焼き風 桜鯛のパピヨット シラサ海老のムース詰

■審査員特別賞 淡路宝楽焼き茶づけ

■審査員特別賞 王道


■最優秀賞 淡路の幸の宝楽焼きパスタ

最優秀賞 淡路の幸の宝楽焼きパスタ

■作者名:角倉 正記(レストラン ポンテメール)

淡路島創作料理コンテスト
【最優秀賞】
■作品名:淡路の幸の宝楽焼きパスタ

■内 容:陶板で蒸し焼きにする事により、鯛、蛸、アサリ、玉葱等の素材の旨みを充分に活かし味と香りが陶板の中に行き渡ります。その旨みをたっぷりとパスタが吸い込む味わい深い一品です。
パスタ、その他の具材を陶板の中に全て入れ一度に焼き上げても、具材の火通しとパスタがアルデンテに仕上がる様に魔法をかけました。

レストラン ポンテメール

角倉 正記(レストラン ポンテメール)
このページの先頭へ ↑

■優秀賞 宝楽焼き風 桜鯛のパピヨット シラサ海老のムース詰

優秀賞 宝楽焼き風 桜鯛のパピヨット シラサ海老のムース詰

■作者名:川田 耕三(パルシェ香りの館 レストラン ベルレーヌ)

淡路島創作料理コンテスト
【優秀賞】
■作品名:宝楽焼き風 桜鯛のパピヨット シラサ海老のムース詰

■内 容:これから旬を迎える播磨灘の桜鯛に地元で獲れる海老のムースを詰め、香草などと共に紙包み焼きにします。ソースは鯛の骨と海老の殻で作ったスープ状に作り添えます。
〆には残ったソースに淡路ぬーどるを絡めて召しあがっていただきます。伝統的な宝楽焼きにフランス料理の技法を加えることにより食べやすく、特に女性に喜んでいただける新しい名物料理になるのではと考案しました。

パルシェ香りの館

川田 耕三(パルシェ香りの館 レストラン ベルレーヌ)
このページの先頭へ ↑

■審査員特別賞 淡路宝楽焼き茶づけ

審査員特別賞 淡路宝楽焼き茶づけ

■作者名:小池 準人(パルシェ香りの館)

淡路島創作料理コンテスト
【審査員特別賞】
■作品名:淡路宝楽焼き茶づけ

■内 容:淡路島の旬の食材を季節ごとに食材を変えながら、一年を通して食べていただけるようにしています。ぜひ淡路島特産の魚介類を食べに来て下さい。

パルシェ香りの館

小池 準人(パルシェ香りの館)
このページの先頭へ ↑

■審査員特別賞 王道

審査員特別賞 王道

■作者名:釜本 和典(ホテルアナガ)

淡路島創作料理コンテスト
【審査員特別賞】
■作品名:王道

■内 容:見た目は昔と変わらないスタンダードな宝楽焼きですが、食材に応じそれぞれ違う調理法で仕上げており、最終は海水蒸しで仕上げます。
魚介はもちろん、淡路ゴールデンボアポーク、お野菜がそれぞれ下味をつけずに調理しており、宝楽釜に敷きつめた塩若布と仕上げに使用する海水の塩分のみで、食材自身のうまみを味わっていただくシンプルに仕上げた料理をお召し上がり下さい。お好みで、玉葱ポン酢、ゴマダレでお召し上がり下さい。

ホテルアナガ

釜本 和典(ホテルアナガ)
このページの先頭へ ↑

ページトップへ